今、万年筆が熱い

もはや愛好者はシニアかマニアと思われていた万年筆の市場が、新たなファンを増やして拡大しているようです。あるお店では、売り場刷新の効果があったにせよ、前年比2割増で販売が伸びているほどです。10年前まで遡れば、下降傾向にあった万年筆市場を反転へと導いたのが、色のバリエーションを増やしたインクだったそうです。それまでは黒か青が常識だったものが、可愛い色で書きたいという女性のニーズと合致し、さらに中のインクが見える透明ボディにすることで、低価格となりいっそう身近な商品となったようです。

この流れを受けて、安価で高機能な商品の存在感が増し、低価格ながら本格的な書き味で、初心者でも手軽に試してみることができるようになってきたようです。個人の筆圧や筆跡の違いによってベストな万年筆は違ってくるほか、1つのモデルで複数の字幅が用意されているため、選ぶときは必ず店頭で試し書きをすることがおすすめのようです。

素材には金とスチールがありますが、低価格帯の場合には大半がスチールのペン先になっているようです。インクはボトルから吸入する方法とカートリッジのどちらも使える両用式が主流のようで、使い勝手の面からも両用式を選んでおくのがよいかもしれません。

同じ価格帯の輸入品と比較しても、国産品は書き味やインクの出やすさなど、機能面でも上回るものが多いようです。とはいえ、デザインで選ぶならば、やはり輸入品のほうが高級感があるようです。

いずれにしても、万年筆を使用する状況や頻度に応じて、万年筆の使い分けをするのもよいかもしれませんが、日常的に使う場合は、金のペン先で長く書き続けても疲れない1万円以上の価格帯のものを選ぶのがよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です