特殊なギミックも喜ばれます

万年筆はシックで厳か、というイメージもあって、多機能であったり面白いアイデアが施されているものはあまりありません。
部長の昇進祝いに、吹くと音がなるボールペンや飼い猫の写真をプリントしたファンシーなものはそぐわないですよね。ユーモアとしてはありですが、もっと豪華なプレゼントの前振りのようなものとしてでしょうか。

ボールペンには様々な副次的な機能を持っている製品が多くあります。
代表的なのは、頭の部分に印鑑が取り付けられているもの。
これはとても実用性が高くて、また、相手の名前が入っているというのが誕生日のケーキのメッセージプレートのようで楽しいものです。

他にお勧めしたいのが、名入れボールペンです。
読んで字のごとく、ボールペンの胴の部分に名前をプリントするものです。
飛行機に乗ると航空会社のロゴ入りのボールペンがもらえますよね。そのロゴの部分に入れる文字を注文できるというわけです。
企業のノベルティーのイメージが強いので、100本以上から注文可能、と言った大口の発注しか受け付けてくれないんじゃ……
確かに、一本数十円でできるような、いかにもノベルティーといった風情の量産タイプのものはそのような制限があることが多いです。しかし、大切な人へのプレゼントだったら、もっと高級なものを選びましょう。高級といっても、相対的に、です。
最近は数千円で、一本から名入れに対応してくれるところが多いです。相手の名前でも、好きな言葉、メッセージでも、自由にプリントしてくれます。フォントも指定できます。
インターネットで口コミを見ても、もらって嬉しかった、贈って喜ばれた、という体験談がいっぱいあります。世界に一つしかない、というところが、どんなに高級なブランド物よりも優っているところですね。
是非、名入れボールペンを、贈答品の候補に入れておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です